迷っている方必見!ふすまの張替えを行うタイミング

ふすまを交換しよう

日本の民家に昔からあるふすまは、汚れてきたり、穴があいたりしていた場合、張替えをする必要があります。専門業者に依頼するためにはどのような方法があるのかチェックしておくといいでしょう。

業者に依頼するツール

  • 電話をかける
  • メールを送信する
  • FAXを送る

張替え時期について

ふすまは障子よりも丈夫にできているので、子供がいたずらをしたり、ペットが爪を研いだりしない限りは目立った傷や汚れがつくことは少ないでしょう。しかし、いつ張替えをするのが良いのか知っておくと、スムーズに業者に依頼することができますよ。

ふすまを張替えるポイント

シミができた

ふすまの端や中央、目立つ部分に少しでもシミができていたなら、張替える時期がきたと考えても良いでしょう。シミが小さいうちなら、早めに業者に相談してみましょう。

茶色っぽい

歳月が過ぎると紫外線などによりふすま全体が白色から茶色に変化します。それだと見栄えも悪くなってしまういので、張替えを検討すると良いでしょう。真っ白いふすまは見ていて気持ちが良いものです。

紙が剥がれる

紙が一部しか剥がれていなければガムテープなどで補強することもできますが、それを面白がって子供がいたずらをしてしまう可能性もあるので、全体的に傷まないうちに張替えをしておくのがベターです。

穴があいている

ペットを飼っている方はわかると思いますが、ペットが爪を研いだり、噛んだりしてふすまに穴があくことがあります。その場合は少し強化すると頻繁に張替えなくて良いので、業者に相談してみると良いでしょう。

滑りが悪い

見た目がボロボロになるだけではなく、ふすまを開けにくくなることがよくあるのなら、交換時期と踏んでも良いでしょう。そうすれば、スムーズにふすまを開け閉めすることができるようになりますよ。

専門業者選びを間違えると大変【ふすまの張替えはプロに依頼】

ふすま

実績がある業者

現代ではフローリングが主流になっていますが、昔ながらの家も多いと思います。そういった家にはまだふすまがあるところもあるので、張替え時期がきたのであれば、交換をするといいでしょう。また、交換する時は業者に依頼して下さい。優良な業者に張替えをお願いするようにしましょう。腕の良い会社を選ばなければトラブルが発生する恐れがありますよ。この機会に優良業者の選び方を知っておくと良いでしょう。

日本全国対応している

1つのエリアだけではなく全国津々浦々で対応している業者であれば、地域に関わらずふすまの交換の依頼をすることが可能となっています。対応エリアが広い業者を選ぶといいかもしれません。

アフターフォローがある

業者のサポート体制に着目しましょう。アフターフォローがあればふすまを張り替えてすぐに不具合が生じても費用をかけずに交換することができる場合があります。業者と契約をする前にどのようなサービスがあるのか調べておくのが賢明です。

無料でできる

業者に依頼するなら見積もりや現地調査を行うことがあるでしょう。しかし、それらに料金が発生してしまったらトータルで支払う金額が高くなってしまうので、無料で見積もりや現地調査を行っている業者にするといいです。

業者についての疑問点

深夜でも問い合わせができますか?

業者には、深夜や早朝に関わらずいつでも電話が繋がる所もあるので、仕事でなかなか日中に連絡できないという方でも利用することが可能となっています。また、場合によっては当日でも来てもらうこともできるでしょう。

料金はいくらかかりますか?

ふすまの張替えについては1枚あたり2500円となっていますが、状態やふすまの仕様によっては金額が変動することがあります。まずは業者に査定をしてもらうのが利口と言えるでしょう。

広告募集中